• 中野・新中野

サブカル文化で独自の進化を遂げ、発展し続ける街・中野・新中野

中野・新中野駅は徒歩15分ほどで行き来ができ、東京メトロ東西線や丸ノ内線、さらには総武線、中央線まで多くの主要路線が利用可能。新宿へのアクセスは直通で5分、東京駅へは直通19分という好立地で、大変人気のエリアとなっています。

中野には、アイドルのコンサートが数多く開かれる「中野サンプラザ」やサブカルチャー関連のショップが集まる「中野ブロードウェイ」があり、独特の文化を持つ街として全国的に知られています。「アートフェスタ」や「リアニメーション」など、中野ならではの文化に関連したイベントも数多く開催されるため、常に多くの人々でにぎわう街です!
2012年3月に「中野四季の都市」として街びらきが行われ、それと同時に「中野四季の森公園」も開園し、駅周辺はさらに緑豊かな街になりました。
この、中野四季の都市内には「明治大学」「帝京平成大学」の中野キャンパス、「早稲田大学中野国際コミュニティプラザ」といった教育機関が進出し、アカデミックな街としても発展を遂げました。さらに、オフィスビルには「キリンホールディングス」の本社をはじめグループ各社が移転し、多くの人々が働く街にもなっています。

新中野は、地下鉄丸ノ内線で新宿から3つ目の駅に位置しており、中野通りをつたって徒歩15分程度でJR中央線の中野駅にも行ける、都心へのアクセスに大変便利な駅です。新宿と中野の間という好立地ながら、手ごろな家賃相場はかなり魅力的!都心へのアクセスの良さと閑静で落ち着いた暮らしやすさを合わせもった人気のエリアです。
また、様々なお店が連なる商店街をはじめ、深夜営業のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなど生活に便利な施設が多いのも、新中野の魅力。
青物横丁、アメヤ横丁とともに、古くから都内3大横丁として地元の方に親しまれてきた「鍋屋横丁」は、江戸時代からその名称で呼ばれており、歴史ある街です。

アクセス便利で、暮らしに根付いた街 中野・新中野での住まいを探してみませんか?